• 分析中株情報サイト
  • サイトURLhttps://note.com/goto_finance/
  • 販売会社不明
  • 所在地不明
  • 運営責任者不明
  • MAIL不明
  • 電話番号不明
  • 関連情報※フリーの経済ジャーナリスト

目次

 

日本経済新聞社に勤めていた頃は、経済・為替・金融政策・日銀・財務省といった記事を多くとり扱い、2022年3月の退職を機にフリーのジャーナリストとなった後藤達也氏について検証してみました。

後藤達也氏は、現在SNSやテレビ等で「わかりやすく、おもしろく、偏りなく」という経済情報を発信する人物で、日本経済新聞社ではエース記者として約18年もの間取材に従事しました。

 

ちなみに、日経新聞を退職した後も、ツイッター(X)では人気が衰えておらず、カリスマ投資家のテスタ氏に続いてフォロワー数が69.2万人もおり彼の発信する情報に興味を持っている人はかなり多いと言えます。

 

おしえてポリスちゃん
おしえてポリスちゃん
後藤達也さんについて経歴や評判など口コミをもとに調査してみたので、知りたい情報がある方ぜひ最後までご覧ください。

 

また、当サイトでは今の株式投資に欠かせない株サイトをご案内しています。

多くの個人投資家が利益を出すために使っている、利用者からも絶賛されている現相場にぴったりの株サイトはこちらよりご覧ください。

 

 

 

後藤達也のプロフィール・経歴

【後藤達也氏のプロフィール】

1980年生まれ。京都在住。2022年からフリージャーナリストとして、SNSやテレビなどで「わかりやすく、おもしろく、偏りなく」経済情報を発信。2004年から18年間、日本経済新聞の記者として、金融市場、金融政策、財務省、企業財務などの取材を担当し、2022年3月に退職。2016~17年にコロンビア大学ビジネススクール客員研究員。2019~21年にニューヨーク特派員。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

引用:HMV&BOOKS online

 

後藤達也氏は、元日経記者としての解説力を生かし、現在ツイッター(X)やYoutube【後藤達也・経済チャンネル】でフリーの経済ジャーナリストとして活躍する人物です。

ちなみに、ツイッター(X)を開始したのは、2020年にニューヨークへ特派員として派遣された頃であり、新聞記事とは違い自身の言葉で投稿を始めると瞬く間に支持が広がり2年弱で約37万人もの大人数のフォロワーになったとのこと。

 

そして、そこから2年が経過し、新聞社を退職する際にそのままのアカウントを利用し続けるわけにはいかず、新アカウントを作った事を投稿すると10万人がたちまちフォローし、現在に至っては69.2万人ものフォロワーが彼を支持しています。

 

後藤達也の学歴は?

 

後藤達也氏の学歴や経歴について、ネットで色々と調査してみたところ新聞社入社以降の経歴こそは詳しく明かしているものの、出身高校や大学のような個人情報に関わる内容は非公開としているようです。

インタビュー記事によると、出身大学などに捕らわれずコンテンツを楽しんでもらいたいという目論見があるようですが、一部の調査記事では色々と憶測が飛び交っているようですね。

 

 

ちなみに、街録インタビュー「あなたの人生、教えてください」というYoutube番組では、大学は東京の大学だったと明かしています。

 

現状、これ以上のことは分からない状態で、早慶だの上智だの関西学院だの言われてますが、本人がはっきり肯定しない事には予測に過ぎないのでここら辺が妥協点と言えるでしょう。

 

後藤達也の投資方法とは?

 

後藤達也氏は、これから投資しようと思っている企業の株価が妥当なのか、割高なのか、割安なのかを測る配当利回り、PER、PBRの3つの指標を使っています。

彼が書いた著書の中で、「転換の時代を生き抜く投資の教科書」という書籍がありますが、この書籍によると後藤達也氏が実践する投資の法則は4つあるとのこと。

 

①基本は長期で運用「短期売買」より「長期投資」のほうが多くの個人投資家にはあっている。
②分散投資をする日本株や海外株、債権などに分散。日本やアメリカで10銘柄以上持つことで分散効果をきかせる。
③買うタイミングも分散する毎月、なにかしかの株や投資信託を買う。
④NISA、iDeCoをフル活用通常約20%かかる税金が免除、iDeCoは投資した分が所得から控除される為、所得税や住民税も軽減される。

 

ただ、後藤達也氏は数年前までは日本株をメインに日頃売買を行っていたそうですが、止まらない円安とインフレに対し、資産の全てを円で持つことは危険だとも言っています。

基本は、余裕資産の30〜50%は外貨で持つことを推奨しており、2023年頃には後藤達也氏も米国株の一部を米債券に移したりと右往左往しているようですね。

 

ちなみに、後藤達也氏は日経新聞社に勤務していた2000年~2003年にも株取引を行っていたそうですが、中立の立場で記事が書けないと考え一旦売買を中止、新聞社を退社した2022年5月に株取引を再開したそうです。

 

後藤達也が日経新聞社を辞めた理由は何だったのか?

 

後藤達也氏は現在、フリーのジャーナリストとして経済情報を個人投資家に宛て発信する活動しており、2022年3月31日に18年間務めた日経新聞社を退社しました。

では、何故エース記者として活動していた後藤達也氏は同社を辞めてしまったのか?その理由は、上記のYoutube動画でも解説しており、

 

後藤達也がフリーランスになった理由

①若い世代を中心に情報収集の姿が激変しているから

②今後もプラットフォームが相次ぐ可能性が高いから

③時間や行動の拘束がないフリーランスで自由に試行錯誤を高速回転させたいから

④日経新聞社は円満退社だった
⇒退職後は日経と関わりがあったグループ会社含め、仕事の話しを貰える仲に

 

新聞社に不満があったり、同僚と不仲であったという理由で辞めた訳では無く、今後の自分の人生を見越した退社だったと明かしています。

 

おしえてポリスちゃん
おしえてポリスちゃん
フリーランスになった後藤達也さんは、国民の健全な金融リテラシー向上に貢献する目標を掲げています。

 

後藤達也が行っている活動とは?

後藤達也のYoutubeが大人気?

 

後藤達也氏は、経歴でも軽く触れたように、後藤達也・経済チャンネルというYoutubeチャンネルの運営も行っています。

 

チャンネル名後藤達也・経済チャンネル
チャンネル登録者数28万人
視聴回数8,474,656 回視聴
チャンネル登録日2022/03/06 に登録

 

先日、調査した投資系インフルエンサーの投資家バクさんが8.56万人、たぱぞうさんが24万人、ぽんちよさんが44.2万人と数字だけで見ると彼らに並び人気がある事が分かりますね。

後藤達也・経済チャンネルでは、国民の金融リテラシーの健全な向上に少しでも貢献する事を目的に、偏りのない情報発信が行われています。

 

しかし、最近はメインの活動拠点がツイッター(X)である為、動画投稿頻度が落ちており最新の最終投稿日が約5カ月前となってしまっています。

 

おしえてポリスちゃん
おしえてポリスちゃん
後藤達也さんの発信する最新の情報がみたいのであればツイッター(X)の情報を参考にする方がいいかもしれません。

 

後藤達也のnoteは見ごたえがある?

 

後藤達也氏が活動するプラットフォームの3本柱の一つであるnoteでは、経済ニュースを分かりやすく、面白く発信する事を心がけており、経済や投資になじみのない方を念頭に偏りのない情報発信をしています。

 

note有料サービス内容費用
ベーシックプラン読み放題の経済記事は月10~20本、話題が多いときは月20本程度投稿。月500円
コアメンバープラン上記の内容に加え、掲示板やオンラインミーティングで交流・議論月980円(停止中)

 

後藤達也のnoteは、2022年4月3日から開始しており、月額500円でほとんどの記事が閲覧で現在28,232名の方が登録を行っています

なお、コアメンバープランは現在募集を停止しているとあり、人数を限定して定期的なウェブミーティングを開催しているようです。

 

おしえてポリスちゃん
おしえてポリスちゃん
後藤達也さんのnoteでは、国内外で日々行われる金融イベントや時事記事がメインとなっています。その発表によりどのような影響が予見されるのかも解説されているのでとても好評なようです。

 

ラジオプラットフォーム「Voicy」の評判は?

 

後藤達也氏は、ラジオプラットフォームである「Voicy」からも経済情報の発信を行っており、

 

『Voicyでは活動の裏にある思いやこぼれ話、自分自身の投資の話などを語っていこうかと思っています。が、あまりカチッとルールを固めず、ゆるりとやっていきます。』

引用:後藤達也のVoicy公式ページ

 

配信自体は、2022年5月1日から開始していて、2024年7月時点で30放送、17万回再生となっています。

 

Voicyの口コミ
Voicyの口コミ
後藤さんのツイート、とても分かり易いので参考にしてます。Voicyの情報発信も期待してますよ!!
Voicyの口コミ
Voicyの口コミ
Voicy初めて入れました!後藤さんのTwitterやYouTubeが好きですが、Voicyの後藤さんの声がめちゃ心地よかったです✨お布団の中で聴きたくなる心地よさ☺️毎日お願いします🤭


後藤達也氏の投稿に対するVoicyのコメントも上々と言え、ツイッター(X)やnoteの文章記事とは違い、音声で移動中も聴くことが出来る為人気があるようです。

 

おしえてポリスちゃん
おしえてポリスちゃん
後藤達也さんのVoictyは不定期配信となっていますが、システムで視聴予約を入れることが出来るので気になる方はチェックしてみて下さいね。

 

後藤達也が楽天証券の投資戦略フェスに参加

 

後藤達也氏は、2024年7月6日、7日に開催される楽天証券25周年の投資戦略フェスに参加することを明らかにしました。

 

ぽんちよ BANK ACADEMY(バンクアカデミー) 小林亮平 楽天フェス

 

証券会社の中でも、最王手と言える楽天証券のフェスなので、かなり注目度が高いイベントと言えますが、内容としては豪華講師陣による世界経済の見通しや投資戦略のトークセッションが予定されています。

ちなみに、「豪華講師陣」というだけあって、有名どころを言えば…、

 

投資戦略フェス部門竹中平蔵、テスタ、桐谷広人、エミン・ユルマズ石原順、堀古英司など
NISAフェス部門小林亮平、楠雄治、ぽんちよたぱぞうなど
芸人シティホテル3号室、ぺこぱ

引用:投資戦略フェス公式ページ

 

ネットの口コミ
ネットの口コミ
6日に行われる楽天証券25th ANNIVERSARY FES。竹中平蔵さん、エミンユルマズさん、桐谷さん、テスタさん、後藤達也さんの講演を生で見れるなんて最高。

 

SNSでも抽選に応募したという投稿がかなりあるようで、後藤達也氏目的でフェスに参加するという方も多いようです。

興味がある方は一度公式ページを覗いてみてください。

 

後藤達也の経歴や学歴は?検証まとめ

 

今回は、元日経新聞社のエース記者で、2022年からフリーの経済ジャーナリストとして活動している『後藤達也』氏についてご紹介しました。

実際に、後藤達也氏について色々と調査をしてみましたが、後藤達也氏が発信する中立の分かりやすい市況解説には熱烈なファンも多く、Xのフォロワーも現在69.2万人と凄い数になっています。

 

また、Youtubeを始めとする、note、Voicyと言ったプラットフォームにくわえ、フリーランスになってからといいテレビ番組やラジオでは多くの著名人と共演を果たし、余計に人気が出たと私は感じました。

 

おしえてポリスちゃん
おしえてポリスちゃん
後藤達也のサービスで個人的に一番注目しているのはVoicyです。Voicyでは後藤達也さんの投資についての話も行われるそうなので今後に期待ですね。

 

後藤達也さんが発信する情報もいいですが、即効性の面を重視し簡単に利益を得たいと考えているのであれば、当サイトでおすすめの株情報サイトが一番手っ取り早いです。

初回登録時には、プロのアナリストが分析や精査を行った無料銘柄のプレゼントを受ける事が出来るので、ご自身の目でその実力を見定めて頂ければと思います。

 

<利益を出すならココ!!>

 

資産形成でもっとも重要なことは『負けない』ことです。

 

  • 「短期で大きく資産を増やしたい」
  • 「損失を早期で回収して、大きな資産を築きたい」

 

と言う方は、実際に利用者が利益を出しまくっている株サイトを使う事が、一番手っ取り早く『株式投資で儲ける方法』です!

今なら、短期で平均株価2倍以上、急騰間近の無料銘柄をプレゼント中!

おしえてポリスちゃん
おしえてポリスちゃん
このチャンスを見逃さないように、今のうちに無料登録してGETしましょう!

 

 

 

 

投資顧問クチコミポリス
平均評価: 
 口コミ数:3件
名無しさんの口コミ

世の中にある投資商材は何十万もするけど、

後藤さんの提示する金額みてみろ?

500円だぞ?!知名度があるだけで料金が上がるシステムホントウウンザリする

名無しさんの口コミ

こんな解説が分かりやすい人早々いないと思う。図解の説明もうまい!

名無しさんの口コミ

達也さんを尊敬してます。株式投資も達也さんを知り始めました。書籍も全部持ってます。これらかも応援しています。

口コミ・感想を投稿する

以下のフォームに、お名前とサイト評価点数をご選択の上、コメントをご入力下さい。

【ご注意】特定の個人および団体を誹謗中傷する内容が含まれていると判断せざるを得ないコメントや、サイトの著作権侵害に抵触するコメント、また事実とは著しくかけ離れていると思われるコメント、その他公序良俗に反する内容や当サイトが不適切と判断した内容の投稿は削除される場合があります。

1
2
3
4
5
口コミ投稿
     
キャンセル

口コミを投稿する

この記事を書いた人
userimg
みやけ
この記事は当サイト『投資顧問クチコミポリス』の管理人が執筆しています。投資商材に騙された経験を活かし、会社概要や利用者のクチコミ投稿、案内銘柄をもとに株サイトの検証を行っています。今までに見極めてきた株サイトは100社以上!ぜひ記事を参考に損のない株式投資をお楽しみください。
おすすめの記事